なんでも屋の業者がなぜかメキシコの麻薬について詳しかった

父親が定年退職を機に田舎暮らしをしたいと言い出したので、
今まで住んでいた家を売却して田舎で暮らすことになりました。
田舎に購入した家は、夫婦が二人だけで暮らすための比較的に小さな家なので、
必要ないものはすべて処分することにしました。
そのときになんでも屋に買い取ってもらえるものと処分するものを分けてもらうことにしました。
家の中には想像以上に物が多くて1日がかりで片付けることになりましたが、
なんでも屋さんがいなかったらもっと時間がかかってしまうところでした。
作業途中で休憩を挟みましたが、そのときになんでも屋さんが
メキシコの麻薬についてやけに詳しかったので話に聞き入ってしまいました。
怖い内容でしたが面白おかしく話してくれたので楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です